×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

/?作品>貯蔵庫左手奥の棚の上

>まえがき

 とある方のとある作品へのオマージュの詩篇二本。
 中身は管理人の実体験。
 人様にささげた物をゴミ呼ばわりは不謹慎ですが
 いまいち納得いかないので、ここ入りです。
 あ、内容はいかなる政治的宗教的等見解とも無関係です。


>この陽だまりの中で >トンボひっくり返り

 駅は空っ風。
 人間はまばらにホーム。

 の、足もとで。

 じ、じじ、と。

 羽をうごかす。
 羽音はしない。羽音もしない。
 蜂。

 まだいたか、この時期に。
 足もとを、じじ、じ、這うだけ。

 駅は空っ風。

 じじじ、虫は死にかけて、
 じっ、何を考えるもんなのか。

 いや、はたして心なんぞあるものか、じじ。
 羽音もしない。



 ふい、と、光の中に。
 こいつが身を投げる。



 じ、おい、お前。
 死にかけて、何を考えるもんなのか。

 この陽だまりの中でなら、今日死ぬのも悪くない。
 と、思ったか。


>幼児国辱(長歌) >世界の中のニホンという旗

 日柄よし 運動会に たかだかと ひるがへりたる 旗どもの いづれ劣らぬ ただ中に よからぬ旗の あるよとて そを指さして たらちねの 母にそ問へば 日本の 旗といふこそ 悲しかりけれ

 (反歌)万国旗中で一番ダッセエと思った旗が実は日の丸

 ※日柄よし:運動会・お見合いなどにかかる枕詞


/?作品>貯蔵庫左手奥の棚の上