×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

/?作品>ファイト!−たたかうきみのうたをたたかわずにわらう−

 飛行機は離陸した。
 見慣れた人間界が下方に去ってゆくのを見やり、オレは深呼吸した。
 周りの乗客は楽しげに会話したり食事をしたり、思い思いに空の旅を楽しんでいるようだったが、オレはそれどころじゃなかった。
 心臓がどきどきする。喉が渇いてしかたない。
 汗ばむ手のひらをズボンでこすっていると、ふいに隣から肩をたたかれた。
「おいアルファ、ずいぶん緊張してるな」
「……当たり前だろ、ラムダはなんでそんなに余裕なんだよ」
「俺はここ一番に強えんだ」
「ただ無神経なだけだったりして?」
 すぐ後ろから茶化されて、ラムダがふり返る。
「るっせえなイータ。お前こそ余裕こいてんじゃねえか」
「あら、あたしは繊細よ」
「へ、言いやがる」
 もう長いこと仲間をやっているけど、オレはこの二人のこういう所がわからない。今からハイジャックをしようって時は、普通緊張するもんだろ?
 ……でも、こんな二人だからこそ頼れるんだけど。

「そろそろ行くぜ」
 ラムダがささやいた。
 さっと緊張が走る。
 オレは、非公式ルートで持ち込んだ銃を、震える手でホルダーからそっと抜いた。
 ラムダとイータも銃を抜いた気配がする。
 もう後戻りはできない。
 オレ達がまさに立ち上がろうとしたその瞬間――
「やいやい全員動くなっ!」
 ドスのきいた声がいきなり俺たちの出鼻をくじいた。
 何事かと見やると、人相の悪い五人組が……なんとマシンガンを構えている!
「この機は我々が乗っ取った! 下手に動くとハチの巣になるぜ!」
 ……やられた!
 完全に先を越された。
 が、そのときいきなり立ち上がったのはラムダだった。
「ちょっと待て! それは俺のセリフだ!」
「そうよ! あたしたち、ハイジャックのつもりでここへ来たんだから!」
 イータも立った。
 ええい、こうなりゃヤケだ! 意を決してオレも立ち上がった。
「な……何ぃ!? お前らもか!」
 うろたえる五人組、そんな彼らをにらむオレ達。
 まさに一触即発……
「あ、あの、僕たちもハイジャッカーなんです!」
 ……何っ!?
「じ……実は私も!」
「おれ達もだ!」
 機内のあちこちで、乗客が騒ぎ始めた。
 ……おい、ちょっと待ってくれ……
 それじゃまさか……
「……乗客全員がハイジャッカーだったってのか?」
 ラムダがうめいた。
 ……こんな事が、本当にあり得るんだろうか?
 それとも……これは悪夢か?

 そのとき、まったく唐突にアナウンスが入った。
「本日は、当機をご利用いただきましてまことにありがとうございます。お客様にご案内を申し上げます。当機は離陸当初から、偽パイロット及び偽スチュワーデスによりハイジャックされております。速やかに所定のお座席にお戻りの上、スチュワーデスにお手持ちの金品及び凶器をお引き渡し下さい。なお、少しでも不審な行動が見られました場合には、当機を爆破させていただきますので、あらかじめご了承ください」
 機内が一瞬にして静まった。
 コックピット側のドアから、スタンガンと電磁警棒で完全武装し、背中に脱出用パラシュートまでしょったスチュワーデスが、大きな袋を手にしてさわやかに微笑みながら現われた。


END


/?作品>ファイト!−たたかうきみのうたをたたかわずにわらう−