×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

WORKSウソ民話シリーズ>かねの風鈴の話

 重すぎる年貢を納めきれない農民が後を絶たず、領主はついに業を煮やした。
 ある夜、かれは一人の農夫をひっ捕らえて牢にぶち込むと、そのせがれを呼び出し、明日の昼には首をちょん切ってくれると脅かした。せがれは肝をつぶし、なにとぞお見逃し下さいと地に頭をすり付けた。

「宙に浮く魚、舌を持って歌う魚を探してこい。そうすれば父親の命は助けてやろう」

 領主はそう言い、せがれを放り出すと扉のかんぬきを下ろしてしまった。
 途方にくれたせがれは仕方なく、街まで夜通し歩いた。夜明けごろに街へ入ったかれは、家という家の扉を片っ端から叩いて回った。

「どなたか、宙に浮く魚、舌を持って歌う魚を知りませぬか」

 かれは足を棒にして探し歩いたが、めざす魚は見つからず、ついに街外れのあばら家へたどり着いた。
 その家には気難し屋の男が一人で住んでおり、せがれがか細い声で尋ねると、かれは熊のうなるような声で答えた。

「やい、朝からうるせえぞ。そんなに魚がほしけりゃ、これでも持って帰るがいい」

 気難し屋は、軒に下がっていたかねの風鈴をせがれの頭にぽんと投げつけ、ぴしゃりと戸を閉めてしまった。
 せがれは頭をさすりながら風鈴を拾った。それは魚のかたちをしており、小さな舌がついていて、振ると澄んだ音でりんりん鳴った。
 大喜びしたかれは飛ぶように戻り、かねの風鈴をうやうやしく領主にさしだした。

「おおせの通り、持ってまいりました。宙に浮く魚、舌を持って歌う魚でございます」

 父親の首をかかしにしてやろうと思っていた領主は、じだんだ踏んでくやしがったが、すぐに気をとり直してこう言った。

「いや、わしは宙に浮く魚、舌を持って歌う魚、二匹持ってこいと言うたのだ。これでは一匹足りぬから、お前の父親を魚にしてくれよう」

 そして、横にいたさむらい大将に、父親の両腕を肘からぶった切って、魚のひれのようにしてしまえと命じた。父子は真っ青になって情けを乞うたが、かれは耳を貸そうとしなかった。
 さむらい大将が父親の右腕に斧をかざしたとき、かねの風鈴が世にも美しい声で歌った。

 かねの魚は風ふきゃ歌う。
 お手手ないとて構やせぬ。

 そのとたん、領主の二の腕はだらりと下がり、それきり動かなくなってしまった。みながあっけに取られていると、かねの風鈴がまた歌った。

 かねの魚にあんよはいらぬ。
 糸でつるせばゆうらゆら。

 そのとたん、今度は領主の足がなえ、へなへなと床に崩れ落ちてしまった。驚いたかれは斧を引っこめるよう、さむらい大将に命じようとしたが、口からはりんりんと鈴のような音が出るばかりだった。
 それを見たさむらい大将はこう言った。

「身の報いだ、鎖でもって、こいつを牢につないでしまうがいいだろう」

 こうして、領主は首に鎖をかけられ、牢につながれた。その近くにはかねの風鈴がつるされ、風が吹くたびに澄んだ歌を聞かせ続けた。
 農夫は新しい領主になり、せがれとともによく国を治めたということだ。


END


WORKSウソ民話シリーズ>かねの風鈴の話