×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

WORKS文字書きさんに100のお題>005:釣りをするひと

 街外れのうらさびれた区画にあるその家が実は幽霊屋敷だ、というのは、この界隈では有名な噂だった。
 話自体は、三十年前に一家が首吊り心中をしてからというもの、その後に住む人間は必ず首を吊る、という、実にありきたりなものである。
 しかし、人もまばらなその地域の陰気さとも相まって、それは絶対的な信憑性を持ち、お陰で地元の者は昼でも寄り付かず、夜ともなればその界隈はまったくの無人地帯と化すのだった。

「で、その家で肝試し、と?」
「どうせ暇なんだろ、二次会代わりに付き合えよ。ついでに写真の一枚でも撮って来りゃ、いい土産になる」
「何か別のもんが写ってたりしてな」
「ははは、そしたら絶好の証拠じゃねえか」
 久しぶりに再会した気安さもあったし、少し酔ってもいた。
 そして何より、そんな噂はこれっぽっちも信じてはいなかった。
 だから、俺たち二人は飲み屋を出ると、その足でその家に向かった。

 コンビニで買ったペンライトを向けてみると、その家の荒れ具合は想像以上だった。
 板戸や障子などは当然のように破れていたし、床はとうに駄目になって畳ごと腐り落ちていた。
 それでも、時々は俺たちのように物好きな奴が来るらしく、タバコの吸殻やジュースの空き缶などがちらほらと落ちているのが見える。
「こりゃ、徹夜だな」
 酔いも覚めたように友人は言い、コンビニの袋を敷いて座り込んだ。
「泣く子も黙る丑三ツ時……ってか」
「止せよ。大体『草木も眠る』だろ」
「だっけ?」
 じわりと湧いてきた後悔を押し隠すように、俺たちはひたすらしゃべり続け、笑いあった。

 目が覚めた。
 まだ真っ暗だ。つけっぱなしのペンライトの光だけが、ぼうっと足元に見える。
 向かいにいたはずの友人の気配がない。
 俺はペンライトを手にとり、そろそろと立ち上がった。
 と、その光が、俺の頭のすぐ上に垂れている何かを照らし出した。
 一本のロープ。その先端は、くるりと輪になっている。
 ちょうど、人間の頭が入りそうなくらいの大きさに。
 俺は、近くにあった踏み台を持ってくると、その輪に頭を突っ込んだ。

 * * *

「お、こっちも釣れたぞ」
 『彼』は、ぐいと釣りざおを引き上げた。
「お見事」
 ずるりと上がった『釣り糸』の先についているのは、俺の死体。
「いやまったく、入れ食いだなここは。実にありがたい」
 『彼』は、俺の死体を、友人の死体の脇に置いた。
「近頃の人間の若いのは、俺たちの存在なんて信じちゃいないからな。ガードが甘い甘い」
「ちょいと噂を流して、寄って来たのに暗示をかけりゃ、な」
「楽勝、楽勝」
 釣り場……幽霊屋敷の屋根の上で、二匹の妖怪はひっそりと笑いあった。


END


WORKS文字書きさんに100のお題>005:釣りをするひと