×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

WORKS防人歌今様>「母さんのこの手を離れてただ一人」

「母さんのこの手を離れてただ一人、遠いところで眠る、だって……?」

 暗闇の中、横になったまま縮こまっている。ぎこちない呼吸。
 寒いのではない。

 明日の夜はもう、自分はこの家ではないところで寝ている。
 どこか知らない所で。

 思わず膝を抱え、はっ、と息を吐く。

 『この家から出る』? ここから? 僕一人で?

 肩が震え出す。次いで手、背、足、息。
 涙。訳もわからない。
 なぜ僕が。

 ……ふと、頭に置かれた手。

 すがるようにそれを掴み、顔に押し当てた。
 手が頬をおおう。
 優しい手。いつも、いつも。

 彼はその手を両手で掴んだ。しゃくり上げるのを、もう止めようがない。
 その背を抱き寄せる、もう一つの手。

 明日の夜はもう、僕はこの手のもとにはいないだろう。

 ――おかあさん……
 夜の底に、すすり泣く声。


たらちねの母を別れてまこと我旅の仮廬に安く寝むかも
 巻二十・4348 日下部使主三中


WORKS防人歌今様>「母さんのこの手を離れてただ一人」