×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

WORKS防人歌今様>「服の紐が野宿で切れたらこの針で」

「服の紐が野宿で切れたらこの針でつけて、あなたの手は私の手」

「ほら、この針も持ってって。私がいつも使ってるやつ」
 出立の間際、大急ぎで夫の荷物に押し込んでやる。
「旅先で、紐が切れたらこれでつけ直してね」

 いつも、また紐がだめになった、と笑いながら夫は服を差し出すのだった。
 いつも、ちゃんと使えば長持ちするのに、と笑いながら彼女は縫い付けてやるのだった。

「この針を持つときは、私の手が縫ってると思ってね」
 離れ離れになったら、もうやってあげられないから。

「ちゃんと直してね。大丈夫よ、『私の手』なんだから」

 服の紐がほどけるのは、愛しい人に想われている証拠だという。

「ちゃんと直してね、大事な紐なんだから」
 紐さえあれば、何べんだって私がほどいてあげるから。

 いつだって、どこにいたって、ずっとあなただけを愛してるから。


草枕旅の丸寝の紐絶えば吾が手と着けろ此の針持し
 巻二十・4420 妻椋椅部弟女


WORKS防人歌今様>「服の紐が野宿で切れたらこの針で」