×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

WORKSその他単品>絵

 夜遅く帰ってきて、暗い上がりかまちで何かに蹴っつまずいた。
 ひとしきり片足で飛び跳ねながら見下ろすと、壁際に何か四角いものが投げ出されているのがぼんやり見えた。
 あれか。

 が、心当たりがない。
 そもそも、こんな場所に物など置かない。

 とりあえず壁を探り、明かりをつける。
 と……

 今の今まで暗がりの中に見えていたソレは、かき消すように無くなっていた。
 ばかな。
 もう一度明かりを落とす。
 目が慣れてくると、さっきと同じ場所にぼんやりと、だが間違いなく、ソレは有った。
 手を伸ばして触れると、硬い。間違いなく、有る。

 明かりをつけた。
 無い。
 手で探る。無い。まったく触れない。

 つける。
 無い。

 消す。
 有る。

 つける。無い。
 消す。有る。

 つける。無い。消す。有る。

 つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。


 やめた。


 明かりを消し、ソレを手にとって見る。
 絵本程度の大きさの長方形。表面がかすかに反射しているところを見ると、ガラス張りか。
 ガラスの中を覗き込む。
 中は中央が四角く切ってあり、よくよく目をこらすと。


 ああ、確かこれは、あれだ。
 昔飾っておいて、何かのはずみで捨てた絵。確か、ヨーロッパかどこかの山の風景画だ。
 それがどういうわけだか、額縁ごと帰ってきたようだった。


 特に珍しい絵でもなかった。が、無性に見たくなった。

 明かりをつける。無い。
 消す。ある。

 懐中電灯を持ってきた。つける。無い。
 消す。ある。

 どうやら、はっきり見える程度の明かりで、テキは消えてしまうらしい。
 が、はっきり見えなければしかたないのだ。

 つける。無い。
 消す。有る。


 焦燥。


 つける。無い。消す。有る。

 つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。

 つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。つける。無い。消す。ある。






 祟ってるらしい。


END


WORKSその他単品>絵